【空調タイムス掲載記事引用】


 今年創業45周年を迎えた竹本設備(社長=竹本五郎氏、本社・大阪府摂津市鳥飼本町3−11−18)は空調ダクト製作・施工を本業とする関西有数のダクトプロ集団だ。一般空調分野より産業空調分野へ踏み込み、大手製薬メーカーの研究開発施設や薬品生産工場などでクリーンルーム(CR)用ダクトの高品質品の供給と確実な施工技術が強み。基幹技能者11人、一級ダクト鈑金技能士20人が在籍するなどダクトに関する知見と技術を持つ人材を豊富に抱える。同社は100年続く優良企業に発展し続けることを標榜。当面は折り返し点となる50周年に向け事業基盤強化に乗り出している。今期(2014年7月−15年6月)は将来の事業活動の原資となる人材育成に本腰を入れる。


 竹本社長は事業方針について「当社は日ごろから規模の拡大を優先している訳ではない。製作や施工を通じて高品質のダクトをお客さまにご提供し、そこから得られる顧客満足により評価と対価を得たいと考えている」と話す。同社は技術社員らのダクト製作上での品質意識はもちろん、現場に出向く協力会社の社員らとの間でも意思統一を図り、高品質で付加価値を生むダクトの提供を心掛け、実践している。


 今期も大手総合設備業者などから大手薬品メーカーをはじめ工場の新築や増改築に伴うCR用ダクト工事を数多く手掛けたり、一般空調分野では大型物販店のダクト工事の施工案件に対応したりと、事業に安定感が見られる。「新規でお付き合いが始まったお客さまからも当社に対するリピートオーダーを頂けたり、職長の指名発注を頂けたりしていることを鑑みると、品質レベルの良い仕事ができていると受け止めている」(同)。


 今期は社員採用を例年以上に増やし、人材育成に対して多様な方策を打ち出している。新卒採用定員を6人に増やし、従来は工業高校から人材を採用するのが常だったが、今期は昼間のアルバイトで社会と接触がある定時制高校の生徒2人の採用を内定、来春の入社を予定する。中途採用では女性社員を技術職で起用したり、一度定年退職したシニア技術者を迎え入れて後進の指導・育成に当たらせたりと、将来ビジョンを意識した戦略性をうかがわせる。特に女性の技術職への起用については「施工現場で女性視点に立った発想や気配りを生かせる場面があると考え、育成することにした。まず工場内で製作の作業から教育している。将来は女性陣で構成する施工部隊(ダクジョ、竹ガール)を発足するのも一考」と竹本社長は女性の現場進出を奨励する。自身が社員らに宣言した通り「100年続く優良企業を目指す」戦略がにじみ出てきた観がある。社内標語「オープン・チャレンジ」を貫徹し、竹本設備は変化と進化を続けていく構えだ。


【空調タイムス掲載記事抜粋】


 竹本設備は工場のダクト生産能力を高める。


 近年は経営者と従業員が意思疎通できる環境整備にも乗り出しており、社員の技術力、発想力、提案力を強化する活動を推進中。
多様な設備と豊富な“人財”を持つことで、100年続く優良企業を目指す。


 ダクト素材は近年、主流の亜鉛鋼板だけでなく、ステンレスやガルバリウムなどの使用も見られ、多様化している。
亜鉛鋼板も表面処理方法が従来方式のレギュラースパングルから、鉛フリーのゼロスパングルへと様変わりしつつある。
竹本社長は「多種多様な素材を扱えるのが当社の強み。この部分を強調するためにも、さまざまな素材のダクトを常時製作できる体制の整備が必要」と説明している。


 同社は一般的なハコ物空調ダクトより、リニューアル絡みの特殊ダクトや、クリーンルームをはじめとする研究・開発工場向けの空調ダクトの製作・取り付け工事に特化し、実績を拡大している。
前期決算(08年7月〜09年6月)で増収増益を達成したほか、不況下にある今期(09年7月〜10年6月)決算も前年並みの着地を見込む。


 こうした堅調ぶりを支えているのは、竹本社長以下幹部社員ら営業努力はもちろんだが、現場の技術社員、事務社員、契約社員、さらには海外からの実習生など、人材の活躍によるところが大きい。
同社では人材を社内で貴重な“人財”へと深化させる取り組みを強化しており、全従業員を対象に3年前から改善提案活動を実践している。
従業員が日ごろの勤務の中で感じる不便なことや非効率なこと、危険なことなどについて、具体的な改善事例を報告させるもの。
最も優秀な提案内容を社内で表彰し、提案者に賞金を渡している。
「改善提案の目的は現場の社員らに考える力を培わせること、そして良い事例や成功した事例を全従業員が共有し、各自の技術や知識として生かすこと。現場の最先端で働く人間がその意識を持たなくては駄目」。


 竹本社長は従業員の成長に期待を込め、改善提案を社内活性化のカンフル剤としていく考えだ。


 さらに同社では毎年6月から7月にかけて、全従業員46人と竹本社長が個人面談を実施。
社長自らが現時点での個人評価を直接本人に伝え、個人の意見や考えを吸収している。
一人ひとりとひざを付き合わせて各自に目標を与え、実践させることで上積み評価を明示。
これが従業員のステップアップへのモチベーションとなっている。


 当然、竹本社長も目標を従業員に示しており「昨年40周年を迎えることができたので、今度はしっかり後継者を育成し、私の代だけでなく、100年続く優良企業の礎(いしずえ)を築く」と宣言。
自身にプレッシャーをかけ、目的意識を従業員と共有している。

【空調タイムス掲載記事引用】


 今年4月、ダクト製作・施工の竹本設備(大阪府摂津市)に入社した若手従業員の一人は、高校を卒業したばかりの弱冠18歳。
現在は同社工場内でダクトの組立て、フランジかしめ、シール作業などに携わり、見習い職で汗を流す。


 入社のきっかけは高校生の時。
「ダクト屋で働く年上の人と知り合った。その人と一緒に実際のダクトを見たり、仕事の話を聞いているうちに、ダクトに興味を持った」。
高校3年の就職活動では、迷いなく「ダクト屋に行きたい」と言い切った。


 高校の進路指導部から紹介を受けたのが竹本設備。
“ダクトを愛する”企業理念を実践する同社への入社は、まさに相思相愛。
しかも母校のOB4人が現役社員で活躍していることも安心感につながった。


 18歳という年齢はまだまだ遊び足りない盛り。同世代の友人からの誘惑も多いはず。
しかし「中途半端では辞められない」と一本筋を通す。
「早く1級技能士の資格を取って、竹本社長から『(施工)現場を任せても良い』と思ってもらえるようになりたい」と将来像も明確だ。


 10月には待望の現場見習い業務が控えている。
「工場の仕事ができなければ、現場では通用しない」。
それは百も承知。
だからこそ今を大切にしている。
「ダクトはハンマーのたたき方一つで仕上がりが違う。たたき方をもっと学びたい」。
工場内では、真剣な眼で黙々とハンマーをたたく。
Copyright (C) 2009-2018 TAKEMOTO SETSUBI CO.,LTD. All Rights Reserved